株式会社MITシステム研究所

tel:03-6891-1010

実際の担当者操作画面

左側にお客様情報、右側にお客様情報を入力する画面

  • 顧客テーブル

    架電する対象とする顧客テーブルを指定する。

  • 架電禁止登録

    DoNotCallの指定されている電話番号をいつでも登録できる。

  • フイルター

    条件を設定して抽出を行う。

    1. 1) 架電期間の設定 最後に架電してから「指定日」を経過していないデータを除く。
    2. 2) 条件を設定して架電対象を絞り込む 例えば、災害などが発生してその地域への架電を禁止したいとき、オペレータの経験によって架電対象顧客を絞り込む。

運用開始までの流れ

  1. step01

    顧客情報を準備する

    フイルター機能を有効に使うために多くの顧客様属性(性別、年代、地域情報、購買履歴等)が必要です。
    また、必ず相手先電話番号が必要です。

  2. step02

    顧客情報をテーブルに登録

    「データ登録」を使用して顧客情報をテーブルに登録します。(テーブル名はユニークである必要があります)

  3. step03

    画面を表示する

    「発信処理」を呼び出すと画面が表示されます。

  4. step04

    アプリケーション画面の指定

    予め作成したアプリケーション画面を指定することで準備が完了します。

  5. step05

    架電処理の開始

    表示された顧客一覧から対象顧客をクリックすると架電処理が始まります。

実際の運用でできること

  1. フイールドの追加

    • ① 完了/未完了のステータス・フイールド
      顧客情報には、システムが自動的に以下のフイールドを追加します。
    • ② 架電情報格納フィールド
      完了ステータスの顧客への架電はスキップします(架電禁止の顧客も同様)。4回まで架電ができるように架電日、架電結果情報を格納するフイールド。
  2. フイールドを利用した条件設定

    これらのフイールドを利用して、条件設定が可能となります。
    • 例えば、
    • ● 架電結果が「検討」の顧客だけを絞り込んで架電する
    • ● 無応答の顧客だけを絞り込んで架電する
    といったことが実現できます。
  3. 同一リストでの架電可否の判断が容易に

    架電情報フイールドを確認すれば、複数回の架電に伴う獲得件数を評価して再度同一リストで架電するかの判断が容易にできます。
  4. データ出力

    「データ出力」を使用して獲得した顧客情報を出力することができます。

Quick ListCall概要図

ページトップへ